保険給付金と学費の情報

HOME | SITEMAP

  • 保険の相談はプロに
  • トップ

    新着情報

    学資保険だけでは補いきれない

    日本の大学進学にはお金がかかります。私は学資保険を活用し2人の子供を大学卒業までなんとか援助出来ましたが、日本の雇用不安や景気悪化で所得が低くなっている現在では、教育費に悩む方は沢山いらっしゃると思います。教育費は学費以外にも塾などの習い事にもかかるので学資保険に加入していてもそれだけでは足りないでしょう。プラスするものとして教育ローンも視野に入れてはいかがでしょうか。銀行や信金などで取り扱うものは保護者が契約者となって借入れをするものです。また学生本人が借入契約者となる奨学金制度もありますので、これも検討の価値があると思います。卒業後に本人が働いて返済をするので、大人の自覚にもつながると思います。ただし、返済に無理のないようローン金額は少額に抑えるのが基本です。

    教育ローンの返済について

    進学をする際には、まとまったお金が必要になります。中には教育ローンを組んで進学をさせるという親もいます。学資保険に加入をしていれば、ローンの返済にあてることも可能でしょう。学資保障の生存給付金はまとまったお金になります。元々子供の進学資金のために作られたプランでもありますから、ローンを組んだ時にまとめて返済をするという使い方もできるのです。お金がなくて進学をさせられないということがないように、経済的には余裕を持って教育をしたいでしょう。子供の希望を叶えてあげるのが親の役割でもあるので保険加入も考えるのです。